• junpei

ハード雪山登山〜谷川岳〜




今回は、久しぶりにKさんと共に本格的雪山登山に出かけてきました。

最近すっかりご無沙汰していたKさんでしたが、朝4時にピックアップして頂いてからは話に花が咲きました。算命学の話に始まり歴史の話や本の話等々、博識なKさんのお話は多岐に渡り、とにかく興味深い!ついつい話に夢中になって、インターを通り過ぎるといううっかりをまたしてもやってしまいました(笑)

しかし、結果的には十分な時間の余裕を持ってロープウェイ駐車場まで到着。8時半の開始と共に天神平までロープウェイに揺られます。

天気はこれ以上ない程の晴天・無風の為、準備をしている段階で既に暑い!!ハードシェルは脱いで登り始めますが、いきなりの急登で汗が噴き出します。ようやく巻き道部分から比較的平らな部分までやってきました。雪の状態は、かなりグサグサの腐った状態で、足を取られたり、滑ったりの繰り返し。この状態が続くとなるとかなり体力を消耗することは明白です。引きこもり状態が続き、最近はお手軽登山にしか行っていない為、体力不足は否めないところ。そこへ持ってきての、この雪の状態はおそらく私にとっては修行登山になるだろうとスタートからかなりげんなりです。山頂はまだまだ遠く、本当に登れるんだろうか?とかなり不安になってきました。ゆるゆると登っていくと、ようやく避難小屋へと到着。完全に雪に埋もれていて、積雪量がどれだけ多いかを思い知らされます。

あまりの暑さで、この辺りでついにオーバーパンツを脱ぐことに。ゲイター、アイゼンを外し、パンツを脱ぎ、またゲイター、アイゼン装着…。雪山は装備も多く、準備や着脱にとにかく時間がかかるのが面倒です。

その後も歩みはなかなか進まず、数歩行っては一息入れてというノロノロ歩行でなんとか山頂手前の最後の急登までやってきました。ゆっくりながらもなんとか歩けていたところでしたが、そんな中アクシデント発生!!途中にあったクラックに足を取られ、転倒してしまったのです。しかし、真後ろにいたおじさまが滑らないように受け止めてくださった為、なんとか転げ落ちないですみました。おじさま!!ありがとうございます!!何もない広い斜面だとは言え、こうしてクラックなどにはまり込むとかなり危険なのだということがよくわかりました…。気をつけなければ!と反省しつつ、気を取り直してあと一踏ん張り急斜面をゆっくりゆっくり登っていきます。やがて肩の小屋が見えてきて、山頂も目と鼻の先になってきました。あとちょっとで山頂なのに、それでもなかなか歩けません。まさに疲労困憊です。

歩いては立ち止まりを繰り返しながら、ようやく谷川岳山頂(1,963m)トマの耳に到着!





私の中では当然オキの耳まで行く考えはサラサラなく、Kさんも今回は行かないとのことで、山頂で昼食を取ることにしました。周囲の山々もよく見えていて、美しい雪山の景色を思う存分楽しみながらの休憩です。


一時風が吹く時間もありましたが、ほぼ無風の山頂でゆっくりし、いよいよ下山となりました。登りよりは楽だとは言え、どうも私は下りも降り方が下手のようで、なかなかサクサクと歩くことができず、ゆっくりと歩いていきます。一番の難所だった山頂直下の急斜面はピッケルを携えて降り、そこからは再度ストックで降りていきます。休み休み歩きながらもようやく天神平がすぐそこに見えてきました。ところが、この最後の斜面、上から見るとまるで崖のようです。こんなに急だったっけ!?というような笑ってしまうような急斜面!!何度も尻餅をつきながら、苦戦しながら一歩一歩歩いていると、横をお兄さんがすいすい降りていきます。「なるほど、そうやって降りればいいんですねー。」と会話しつつ、お兄さんを真似して多少ましな歩行になりつつ、ついに到着!!

いやーー。久々厳しい登山となりました。途中ほんとに登れるのか!?と不安になりながらも、なんとか無事に戻ってくることができました。よく頑張りました!!

振り返れば、谷川岳がどーーんと見えていて、本当にあそこまで登ったのだろうかと、我ながら感慨深い思いでした。





温泉に寄ると帰りが遅くなってしまう為、戻ってきてからお蕎麦屋さんで夕食を頂き、今回の雪山登山は終了となりました。

久しぶりにご一緒させて頂いた雪山登山。なかなかハードな登山となりましたが、Kさんのお陰で安全に楽しい山行となりました!!

またこれに懲りず、よろしくお願い致します。




【今回の谷川岳登山記録】   

行動時間 6時間20分(標準タイム 4時間)    


9:00 天神平

9:31〜9:39 熊穴沢ノ頭

9:42〜10:02 避難小屋 34(45)

10:47〜11:02 天狗の留まり場 45(45)

11:58 肩の小屋 56

12:06〜13:09 オキノ耳 8【1'04】(45)

13:10〜13:23 肩の小屋

13:45〜13:49 天狗の留まり場  46(35) 

14:10〜14:17 避難小屋 21(30)

14:29〜14:35  熊穴沢ノ頭

15: 05 天神平駅  42(40)

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示