• junpei

二子棚田~稲刈り~



日照不足で延期となりましたが、いよいよ今週稲刈り作業決行となりました。

先週の旅行に引き続きで、再び鴨川へと出発したわけですが、今年の稲刈りは、

私一人ではなく、参加表明してくれた人がいました!

いつも馬上で華麗な姿を見せてくれるTちゃんです。

出張で夜遅くに帰宅したにも関わらず、早起きして我が家の最寄駅までやって

きてくれました。

カーシェアリングで車を借り、駅でTちゃんを拾って都筑インターまで向かいます。

先週は混んでいることを見越して、生麦JCTから大黒ふ頭周りでアクアラインへと

向かいましたが、意外にも難しいポイントがあったため、多少の渋滞は覚悟で羽田

方面から向かうことにしました。

無事にアクアラインを過ぎ、順調に鴨川へ。

二子棚田には8時半には到着できました。連絡を入れて程なくして、Sさんとお初に

お目にかかるOさんが一緒にいらっしゃいました。

Sさんは他の作業が終わってからいらっしゃるとのことで、今回は、Oさんから稲の

束ね方を教わり、作業を開始。Oさんは、ご自身の棚田の作業があるとのことで、

あとはTちゃんと二人、黙々と稲を刈りつつ束ねていきます。

しばらくすると、遠くから声が。Mさんです。

ご挨拶も早々に、「機械で刈りましょう!」と言ってくださり、バインダーで刈り

始めましたが、どうも調子が悪いらしい。

途中でストップしています。Tちゃんと私もMさんに指示された通りにバインダーを

覗き込み、糸をかける部分に外れた糸を通したりして、一旦は復活しました。

手で刈るより何倍も速い速度で次々とポン!と吐き出される稲に惚れ惚れしながら、

Mさんを見守っていましたが、私の目の前で機械をストップさせました。

Sさん曰く、見境なく何でもやらせようとするMさんが「Nさんやってみてください」

とおっしゃるので、さっそく挑戦しましたが、初めて触るバインダー。ちょっと教え

てもらったくらいで上手に使えるわけもなく、数メートル進んだところで、このあと

どうするんだ??と迷った瞬間にとんでもない方向へと蛇行して傍若無人な稲刈り機

と化しました。

「ぎゃーーー!!助けてーー!!」

結果、大失敗の巻となりました(笑)

その後当然交代し、Mさんにバンバン刈り取って頂きたいところではありましたが、

やはり機械のご機嫌はイマイチでした。

そうこうするうちSさんが作業を終え、やって来て、Mさんと二人ああでもないこう

でもないとしばらく機械の調整をしていらっしゃいました。

去年はあっという間に終了した稲刈りでしたが、仕方なく手刈りで黙々と作業を進め

ていきます。

途中休憩を挟みながら、なんだかんだ半分以上は手で刈ったなぁと思ったころ、最終

的には作業小屋から新たなバインダーをSさんが持ってきてくださり、残りの稲をあっ

という間に刈り取ってくださいました。

竿を立て、はさがけをし、落穂ひろいをして今年の稲刈りは無事に終了!!

今回は機械の調子が悪かったおかげで、まあまあ時間がかかってしまったような気が

します。しかし、一緒に手伝ってくれたTちゃんのおかげで、予定通り終了できました。

Tちゃん、ありがとうございました!!

その後、MさんSさん共におすすめしていた鮮魚池田でお刺身定食を頂いて、鴨川を後

にしました。

天気も最高で、はさがけした美しい棚田の風景を堪能でき、良かったです!

今回もMさん、Sさん、そしてOさん、大変お世話になりました。

ありがとうございました!!







30回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.