top of page
  • 執筆者の写真junpei

鉄砲木ノ頭〜三国山

更新日:2023年11月29日



気分じゃなかったり、予定が合わなかったりでようやくの登山です。

今回は久しぶりに単独行。

以前から行ってみたいと思っていた鉄砲木ノ頭から三国山へ向けてハイキングコースを歩きます。色々考えた結果、三国山側から登ると富士山を背負って歩くことになる為、山中湖畔沿いに登山口まで歩き、鉄砲木ノ頭からハイキングコースを通って駐車場へと戻ってくる周回コースにしました。

まだ薄暗い中、美しい湖畔の景色に癒されながら登山口へ。途中2匹のリスが走り回る姿を見たり、2頭の鹿に出会ったりと嬉しいハプニングもありながら、まずはパノラマ台に到着。ふと振り返れば、すっかり雲が抜けていて立派な富士山がどーーーーん!!

山中湖に到着した時にはまだ大きな傘のように山頂部分が隠れていた富士山でしたが、いつのまにか雲は完全になくなっていました。

このパノラマ台は車で入れる為、早朝ながら写真を撮ったりしながら景色を楽しんでいる人が既に数名。

もっと良い景色を観るために、すぐにそこから鉄砲木ノ頭目指して登り始めます。

遠くから見えていた通り、一面ススキに覆われた斜面を直登して行きます。登山道と思しき道は雨水のせいなのかかなりえぐれていて歩きにくい部分があり、意外にも急登で息が切れます。

ススキの間からは富士山がしっかり見えていて、その雄大な山容に励まされながら山頂へ。

一面ススキの原っぱで、そこから見渡せる景色は本当に素晴らしい。山中湖も一望でき、文句のつけようがない絶景です。








暫く山頂を独り占めした後は、まずは三国峠まで下って行きます。

火山灰のざれた土で傾斜もそこそこある為、滑らないよう注意しながら一気に三国峠へ。一旦舗装路を渡ってここから再度登って行きます。

山頂は木に覆われていますが、木々の間から富士山が見えています。






お腹が空いたので、持ってきたおにぎりで小休止し、先を進みます。三国山から先はほぼ平坦で歩きやすい道がずっと続いています。途中木々の間から見える富士山に癒されながら静かなハイキングロードを進みます。

途中楢木山の山頂には気付かず、最後のピーク大洞山で一息入れ、あとは山中湖に向けて下山するのみ。途中一人のおじいさんとすれ違っただけで、なんとも静かな山歩きとなりました。

篭坂頭からは舗装路を歩き、出発地点の駐車場まで戻ってきました。

やはり富士山の眺めはいつ見ても最高!

最後は恒例の談合坂でたくさんの野菜を購入し、大満足の山旅は終了しました。

来週も富士山近辺の予定ですが、天気がどうかなぁ…。





【鉄砲木ノ頭〜三国山記録】   

行動時間 4時間45分

■山行記録 4時間25分


6:35 旭ヶ丘駐車場 

7:12 ハイキングコース入口 37

7:29  パノラマ台 17(30)

7:58〜8:06 鉄砲木ノ頭 29(30)

8:20 三国峠 14(20)

8:42〜8:53 三国山 22(30)

9:44〜9:52 大洞山 51(65)

10:17 アザミ平 25(30)

10:45 篭坂峠 28(55)

11:17 旭ヶ丘駐車場

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

黒岳

bottom of page