• junpei

川苔山



雪景色の高尾山には連れて行けなかったO嬢と二人、新緑芽吹く山に行くことに しました。選択した山は昨年予想外に積もった春の雪で1人道迷いした川苔山で す。 途中奥多摩線が鹿の衝突で15分程停車した為、これは完全にバスがいなくなって いるだろうと予測。そこで電車の中、急遽駅から登れるコースを考え、ルートを 決めます。 いくつか候補はあったものの、最終的に奥多摩駅から鋸尾根を使い、大岳山〜 ロックガーデンを経て御嶽に降りる逆ルートに決定。 こうやって急遽予定変更が出来るのも、奥多摩の山々をかなり登ってきたからこ そ出来る技。 しかし、駅に到着してみると、なんとバスが我々を待っていてくれました!! 本当は駅でトイレに行っておきたかったのですが、係の方に聞いてみると、すぐ に発車するので乗って下さいとのこと。致し方なくバスへ。 かなり混雑したバスに揺られること15分。川乗橋へ到着です。 ここから細倉橋登山口まで1時間弱、舗装された林道歩きでちょっと疲れます。 本来であれば細倉橋には仮設トイレがあるのですが、事前情報ではどうやら故障 中らしく使えない模様…。となると、途中にはトイレがないので、いよいよO嬢 もいざというときにはお花摘み…ということになります。細倉橋に到着してみる と、一縷の望みも絶たれ、故障中の張紙が。O嬢にも再度覚悟してもらい、いざ 川苔山へと出発です。 下界ではそろそろ新緑の緑も色濃くなりつつあるところですが、山ではまだまだ 緑が芽吹いたばかりの柔らかい色合いです。 早速始まった沢伝いの道に癒され、ところどころに現れる滝に見とれながら、先 へと進みます。45分程歩いたところで、いよいよ百尋の滝に到着!! やはり見応えがあります。しばしここで休憩してから、山頂へ。ここからは地味 に急登が続き、結構登り応えのある道です。再び沢伝いの道へ出てきました。 ここからは要注意!何故なら登山道の表記が少なく、迷いやすいからです。 以前雪が降ってトレースがなかったことから、山頂直下の尾根に出る道を見逃し 沢伝いにどんどん進んでしまった経験があるので、その登り口を間違えないよう に、東側の斜面を注視しつつ歩きます。 そのまま進むと沢に直進していく雰囲気が感じ取られるところで、よく斜面を見 てみると、尾根に上がるつづら折りの登山道がかすかにわかった為、ほっとしま した。後続のO嬢に迷わず済んだ事を告げ、到着を待ちつつ佇んでいると、すぐ 目の前にある低木にテープが巻き付けてあるのがわかりました。 しかし、これは目印としてはかなり心細い!!今回は無事登山道を発見できて 一安心です。最後の急登を経て、山頂へ到着! 曇り空で、眺望はイマイチですが、それでも若葉に囲まれてのお昼ご飯はやはり 最高です。ガスで湯を沸かし、カップラーメンを食べ、コーヒーを淹れます。 しばしの休憩後、鳩ノ巣へ向けて下山開始です。 前半が楽しい川苔山ですが、後半は本当に単調でつまらない登山道。しかし、二 人おしゃべりに花が咲き、つまらない道も順調にあっと言う間に駅まで下りてき ました。 O嬢もちゃんと私について歩ける程、だんだん山歩きにも慣れて来た様子。 今回も無事に登山終了となりました。 次は、百名山あたり挑戦してみたいですね!これからもどんどん、山を楽しむ べく出かけましょう♪ 【今回の川苔山登山記録】   行動時間 5時間 46分(標準タイム  6時間10分)  8:41 川乗橋バス停 9:20〜9:23 細倉橋 41(45) 10:03 百尋ノ滝  40(45) 11:35〜12:23 川苔山(1363.2m) 1’32(2’10) 14:27 鳩ノ巣駅 2’04(2’10)


0回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.