• junpei

期せずして高水三山



ひとりで登山に行く事も最近は普通のことになってきましたが、 先週は結局呑みすぎて、早朝起きられず行けずじまいでした。 今週も呑み会の予定ありでしたが、絶対に行きたい! 悩んだ挙げ句、呑み会の場所からほど近い立川に宿を取りました。 5時半頃宿を出て、鳩ノ巣へ向かいます。 今回選んだコースは、鳩ノ巣から御岳山、その後日の出山に出て二俣 尾に下りるコース。一度も歩いた事の無いところを歩いてみたくて、 そんなコースを選択していました。 しかし鳩ノ巣から橋を渡り、登山口に着いてみると何やら張紙が…。 どうやら越沢林道が工事中の為、大楢峠までの道が通行止めらしい。 むむむ…。張紙には、城山へ迂回すれば行けると書いてありますが、 破線どころか、なんの登山ルートもない完全なるバリエーションルー トです。暫し考えあぐねましたが、やはり私の実力では危険と考え、 すごすごと来た道を戻りました。 さて、どうしよう。完全に心は折れかけています。大分時間もロスし てしまい、これからロングルートを取るとなると時間が心配。 ということで、前々から行ってみたかった高水三山に登る事にしまし た。用意していた地図もギリギリ高水三山までは網羅しており、問題 なし。改めて地図を確認しつつ電車を待ちます。 通常は軍畑から周回するコースがポピュラーのようですが、敢え て今回は逆ルートで御嶽から軍畑を周回する事に決めました。 御嶽に着き、心新たに登山道へ。神社の脇から登山道が始まっていま すが、いきなりの急登。奥多摩にはありがちなパターンです。 あっという間に一つ目のピーク惣岳山(756m)に到着。眺望は全く なく、社だけが鎮座しています。ここまでにすれ違った人はゼロ。 おそらく多くの人が軍畑から登っているであろうことから、こちらの コースは静かなのでしょう。 惣岳山からは、岩場になり、ピーク直下はかなり険しい場所も。 すると下の方から何やらはしゃぐ子供達の声が聞こえてきました。 急坂をゆっくり下りたところで外国人の一家と出逢いました。 小学生くらいの男の子と女の子、高校生くらいの女の子、そしてお父 さんとお母さんという仲良し家族です。丁度お姉ちゃんが写真を撮ろ うとしていたところに私が出くわし、写真を撮ってもらえないかと頼 まれました。数枚撮ったところでお父さんにお礼と、「お先にどう ぞ!」と言う言葉を頂いたので、お先に失礼させてもらうことに。 ソロソロ山頂かという頃1人のおじさんとすれ違いました。そして、 二つ目のピーク岩茸石山(793m)に到着。数人の登山者が休憩をす る中、私もひとつのベンチを拝借してちょっと早めのお昼ご飯です。 それにしても、ここからの景色、なかなかの絶景です。川苔山も良く 見え、東側の眺望が開けており、低山にしてはなかなか贅沢な眺め。 初心者でも登れる山で、プチ縦走も楽しめる。ちょっと登ってみたい と思い始めた人には最適な山かも知れません。 さて、昼食を食べ、最後のピーク高水山へ。あっという間に三つの ピークを通り過ぎ、軍畑に下山しましたが、ここまででおよそ3時間 半しか経っていませんでした。大分物足りない気もしましたが、 今回はこれにて終了。 駅へ向かうと、次の電車までにはまだあと30分程時間がありました。 更に駅前のベンチにどっかと座って大声で話しているおばさま3人組 の品のなさにうんざりし…。 即座にとなりの二俣尾まで歩こうと決 め、数秒で駅を後に。 せっかく山で癒されて来たのに気持ちが台無しになるところでした。 ギリギリセーフ! さて。次はどこに行こうかなぁ。   【高水三山登山記録】    行動時間 3時間35分(標準タイム4時間25分)               ■山行タイム 3時間  8:45 御嶽駅    10:04〜10:14 惣岳山 1’19(2’00)   10:40〜10:55 岩茸石山 26(40) 11:13〜11:23 高水山 23(35) 12:02 分岐  39(45) 12:25 軍畑駅 23(25)


1回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.