• junpei

雨の高尾山



怒濤の日々を過ごしていましたが、ようやく予定も一段落。 久しぶりに山に行くことになりました。選んだ山は、久しぶりに高尾山〜陣馬山。 今となっては庭と言っても過言ではない、10回以上は辿っているこのコースです が、今回はその高尾山の近くにおうちを建てたIさんを迎えての登山となりました。 高低差もなく、道歩きやすい上に低山ながら眺望も良いこのコースは、初心者でも 体力さえあれば十分歩く事のできるおすすめの登山道。Iさんのおうちから近いこと もあり、以前からいつかご一緒にと話してはいましたが、口約束で終わらずに、本 当に実現できたこと自体が嬉しいこと! そんなIさんの醸し出す雰囲気は穏やかで優しく、そこにいてくれるだけで癒されると いうなかなか希有なお人柄。 俄に人気が出始めたみやぞんをTVで見かける度、顔かたちが似ている訳ではないけ れど、その人柄や雰囲気がどこかIさんを彷彿させると常々感じていた私は、ある日 お酒の勢いもあり、Iさんについついそのことを話してしまいました。すると、Iさん からは思いもかけない言葉が返ってきました。 「Nさん、ありがとうございます。お休みの日に、ぼくのことを思い出してくれて」 あまりに予期せぬ内容で、思わず涙腺がゆるみ、目の縁にみるみる涙が盛り上がって きました。そんな素敵な心根を持っているIさんに対して、自らの発言の薄っぺらさ には恥ずかしさを覚える程で、暗闇の中自転車をこぎながらその後何を話したかも わからぬまま挨拶をしてそれぞれの帰路につきました。 そんな数分のやり取りが、私にとっては本当に心洗われる素敵な思い出なのでした。 この話は、親しい友人には漏れなく話しており、それを聞いた人は皆同じ感慨を抱 く様子。今では言わば「伝説」と化しています。 そんな素敵なIさんと山に行ける。これは、本当に幸せなことなのでした。 さて、前日東京入りしてもらったNちゃんと共に寮泊し高尾山口へと向かいます。 予定より早い電車に乗れた事から、ゆっくり身支度をしながらIさんを待ちます。 予定の電車が到着すると、Iさんが現れました。 着ているTシャツには「ワンタン」の文字…。そんなTシャツをサラッと着こなす あたり、さすがオシャレ男子!!そのセンスに早くも癒されつつ、いよいよ登山開 始となりました。 陣馬山までの行程をざっと説明し、気概は十分で登山道へと向かいましたが、今は 梅雨時期。しかもこの日の天気は台風から変わった温帯低気圧が太平洋南岸を進む ため、雨が降る予報。 しかし、前々から設定したこの日を延期するのも惜しい事。ということで、最悪雨が 降ってきたら、高尾山までのピストンで温泉に入り、その後は宴会ということに決め ていました。 今回は、6号路を使ってまずは高尾山を目指します。なんとか午前中は免れると思っ ていた雨でしたが、高尾山の半分程まで来た時点で霧雨が降ってきました。 イヤな予感は的中で雨粒が段々大きくに変なってしまった為、これはダメだと腹を 決めました。私とNちゃんなら行けない事もない雨でしたが、眺望もないままに歩 いたところで、それは修行以外の何物でもなく、登山初体験のIさんにはあまりに 気の毒で、山を嫌いになってもらいたくなかったので高尾山山頂で引き返すことに 決定しました。 東屋でカッパを着たりして、暫し休憩している間に登って来たおじさまたちも、私 たちと全く同じ事を考えていたようで、「山は逃げないから今日はこれで下山だ」 と一足先に下りて行きました。 追随して私たちも下山することにします。下山は稲荷山コースを使いました。 途中道もかなりぬかるんでいて、このまま無理して行っても悪路で気を遣うばかり だし下山して正解だったと話しながら歩きました。 山は残念でしたが、こうなったらこの状況を楽しむ他ありません。以前からちょっと 行ってみたかった高尾山口にある温泉。ここで汗を流して宴会だ!と勢い込んで入口 へ向かってみると、何やら案内が…。 なんと、この日急遽休館になったらしい。ガーーーン。 打ち拉がれつつ、近所に温泉がないか色々調べてみると、二駅程離れた所に一軒あり ました!Iさんも行った事があるらしく、なかなか良いということだったので、早速 気を取り直して向かいました。 着いてみると、かなり大規模な温泉で、なかなか立派! さっぱりしたところで宴会突入です。昼間のお酒はやはり最高!!ついつい楽しくて 飲みに飲んで、かなりいい調子に出来上がってしまいました。 なんて贅沢な大人の休日でしょうか。3人幸せな気持ちで今回のプチ登山は終了とな りました。 Iさん、次の登山もお声かけさせて頂きますので、是非参加してくださいね♪ 【今回の高尾山登山記録】 6:33 高尾山口(ケーブルカー駅) 7:34〜8時頃 高尾山山頂(599.3m) 1’01(1’25) 9:04 高尾山口(ケーブルカー駅) 1’04(1’20)


2回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.