• junpei

雷コワイ!〜御岳山〜大岳山〜鋸山〜奥多摩駅



風邪もようやく治ったので、やはり山でしょ。 今回は、この連日の暑さから逃れるべく、奥多摩の御岳山から 大岳山、更にはの鋸山を縦走するコースに。このコース、先日 Rちゃんと一緒に久しぶりに通り、改めて面白いコースだなぁ と思って、今回は初の単独行。 以前御前山に行くのにこの鋸尾根を使っている事もあり、なん となく気心知れた感じの道になってきました。 さて、御嶽駅に最短で着く時間に出発しましたが、途中急病人 を救護したとかで電車がかなり遅れています。 「ムムム!!奥多摩行きの電車に乗れないじゃないか…!!」 と時計とにらめっこでしたが、ギリギリの時間に立川へ到着。 なんとか予定通りの時間に登山開始できそうです。 三連休後だからなのか、登山者はまばら。 その中でもザックのでかさで一際目立っていたおじさまに、 ケーブルカーを待ちながらちょっとお声かけしてみると、来月 旭岳に登る為、フル装備で訓練とのこと。しかも、前日まで 涸沢にいて登山していたとか!なんとまぁ。元気な事。 私はと言えば、このコース初の単独行ということで、出来るだ け速いペースで歩いてみたい。とへなちょこなりの目標をたて ました。 身支度を整え、神社手前の石段でようやく追いついたとおもっ たそのおじさまが御岳山には寄らず先へ進む後ろ姿を眺めつ つ、私は一応ピークを踏み、御岳神社で登山の無事を祈願して 七代の滝へ進みます。 沢の音が聞こえ始めると、冷気を感じるようになり、いよいよ 滝壺に立ってみるとかなり涼しい!! 北高尾はもはや夏に通るコースではないかも。と、ここで改め て感じました。奥多摩の方が何倍も涼しい! さて、沢から吹く涼風を感じつつも、滝のように流れる汗を拭 きながらロックガーデンは瞬く間に終了。 岩場が増え、いよいよ山頂が近い兆しを感じます。最後の急登 手前の大岳神社で一息入れ、歩き始めると、例のおじさんが勢 いよく下りてきました。さすが、速い。でも、戻っちゃうのか ぁ…。暑いし、私も戻りたいところですが、初心貫徹します。 大岳山頂に着いてみると、案の定富士山は見えない…。そこに いたご夫婦はひとしきり休憩した後のようで、「雨が降らない うちに早く下りよう。」と別れを告げて鋸尾根方面へ下りて行 かれました。途中で会っちゃうかもなぁ。と思いつつ、早いで すが、ここで昼食。この日の天気は午後から大気が不安定にな るとの予報。私も多少その予報は懸念しており、私の予定では 14時には下山できると踏んでおそらく大丈夫だろう?と思って いましたが、あのご夫婦のおっしゃる通り、早く下りた方が良 いに決まっています。 と、お昼を食べている間に顔を出した富士山!なんか得した気 分です。 早々に昼食を切り上げ、一目散に下山します。大岳山は、どち らのコースで行っても、山頂直下は岩場となっています。その 険しい岩場を過ぎ、御前山への分岐あたりまでは、気持ちの良 い尾根道が続いています。その尾根道に差し掛かった頃、先程 山頂でお会いしたご夫婦に追いつきました。道を譲って下さり 「三頭山まで行くの?」ですって!まさか!!あんな遠くまで 縦走なんてありえません!!どんだけ私を健脚だと勘違いし ていらっしゃるんだか…(笑) 途中鋸山山頂で一息入れると、若者グループが休憩していまし た。このペースだとあと6時間くらいかかるなぁ。とリーダーら しき男の子が話しています。え!?どっから来たの…?しかも あと6時間って…。既に11時を回っているのにそこから6時間っ てかなり無謀な計画です。大丈夫かしら、この子達…。と思い つつ、その場を後にしました。 途中の鎖場を比較的スムーズにこなし、あと1時間くらいで下 山できるかな?と思った頃、何となく天気が怪しくなってきま した。樹林帯に入ると更に陰って暗くなり、怪しい気配。 すると、遠くから何だか音が…。 「ん??」空耳か…? 「ゴロゴロ…」…いや、空耳ではない様子。これは、紛れも無 く雷の音です。かなり遠いが、これはヤバイ!! そこからはほぼトレラン状態で駆け下ります。雷の音は段々近 づいてきており、かなり大きい音!! 「お願い!!落ちないで!!」と神様に祈りながら、最後の樹 林帯をものすごい勢いで走ります。鉄塔が見えました!いよい よ愛宕山までやってきました。ここで最後の登り返しをふらふ らしながら進むと、雨が一瞬バラバラと落ちてきました。 「ついに来たか!!」とソフトシェルを被りましたが、数m 歩く間に一瞬晴れ間が。街へ近づいた途端雷が遠のいた感じで した。無事、下山!!ここから駅までは5分程。なんと雨に濡れ ることもなく、駅へと到着。 途中トレラン状態だったのも功を奏したか、なんと行動時間 5時間8分での下山とかなりのタイム。 靴とストックの泥を落とし、ゆっくり冷たい飲み物でくつろい でいると、もの凄い雷と同時にバケツをひっくり返したような 雨粒が落ちてきました。…いやーーー!!!ほんと、ギリギリ セーーフ!!!! あと30分下山が遅れていたら、完全にはまっていたに違いあり ません。恐ろしい…!! あのご夫婦や若者達は大丈夫だったんだろうか。 その後雨雲は東へと移動したようで、都心は雹やあられで大混 乱だったとか。 ひぇーー。夏の山、コワイ!!! 気をつけます!!! 【今回の御岳山〜大岳山〜鋸山登山記録】   行動時間 5時間8分(標準タイム 6時間8分)  8:10 御岳山駅 8:24〜28 御岳山 14(45)

 

8:53 七代の滝 25() 9:18 綾広の滝  10:24〜10:40 大岳山 1’03(2’15) 11:37〜43  鋸山  13:18 奥多摩駅  2’29(3’00)


0回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.