• junpei

青梅丘陵



難易度の高かった西穂高岳。 そこで足をひっかけ思いっきり膝から落ちたあの日から早1ヶ月強。 診断は膝蓋骨脱臼で、かなりの重傷。 未だ整形外科の先生からは、  「登山なんてお願いですからやめてください!自殺行為ですから!!!」 と堅く止められてはおりますが…。 先生に言われた通り、リハビリはきっちりやっております。そして、ウォーキングなら… とのお話もありましたので!!!もう我慢できない!! 行っちゃいました。ハイキング!! でも、本当は高水三山に行きたかったのですが、ヘボヘボとは言え、高低差はなかなか ある様子。ということで、なくなく青梅丘陵ハイキングに切り替え、メインはやまごはん ということにし、O嬢を招集。ふたりで初のやまごはんハイクを決行することになりまし た。 ほぼ1ヶ月ぶりの山ということで、気持ちもはやり、ワクワクです。 しかも今回初の山での調理!お湯を沸かしてカップラーメン&コーヒーしかやったことが ない私ですが、来年からはテント泊デビューも控えているので、やまごはんは、一度やっ てみたかったミッションです。 いよいよやってきた当日、懸念されていた天候も、なかなかの天気! 軍畑で準備しながらお話ししたおじさまは、予想通り高水三山へ赴く様子。 暫し会話を楽しみつつ、我々もいざ出陣です。 長い車道からいよいよ登山道へと入って行きます。前日の雨のせいで土の香りが鼻腔から 思いっきり肺に入ってくるこの喜び! しっとりした山の空気も、この匂いも、そしてたまに吹いてくるそよ風も…全てが心地良 く、清々しい限り。 高山ならではの素晴らしい景色はなくとも、この山の空気をすっているだけで幸せな気持 ちになれる…やはり、自然の中に身を置くこと自体が私は好きなんだと、はっきり意識で きる瞬間でした。 しかし予想していた通り、軍畑からの登りは結構なもの。 先生からも、登りはいいけど下りが…と懸念されていたので、急激に高度が増す軍畑から スタートすることに決めてはいましたが、これはハイキングのレベルを超えている… かなり、キツイです。 途中で会ったおじさまにも、軍畑からだと言うとちょっと驚かれるくらい。 なるほど、ここにはかなりの初心者かトレランの人しか訪れないらしい。 かく言う私も、足を怪我していなかったらおそらくここには来ていないかもしれません。 しかし全長12キロくらいはあるこの行程、高低差は然程ないとは言え、まあまあの運動量 はあると思います。 膝の具合が懸念される中、順調に高度をかせぎ、いくつかのピークを越え、いよいよ 私達の今回のメイン会場、矢倉台へとやってきました。 早速東屋でガスを設置、お湯を沸かし、まずはコーヒーとマッシュポテト作り。 その後シチュー作りへと突入。 丁度東屋で行き会ったおばさんおじさんグループの視線を感じながらも、せっせと昼食を 作り、いよいよ完成!! O嬢が買って来てくれた、行列のできるパン屋さんのバケットが、これまたおしゃれで味 もサイコー!! ふたりやまごはんを心行くまで堪能しました♪ たまにはこんな登山もいいかなと二人で語りつつ、なごやかなハイキングは終了! リハビリ登山にしては上出来な内容でした。 素晴らしい休日でした…!! 足もなんとか持ちこたえ、無事に帰還。 Oさん、本調子ではないへなちょこな私にお付き合いくださり、本当にありがとうござい ました!! 11月こそ、絶対完治してやる!!待ってろ!!やま!!!!


0回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.