• junpei

高尾山〜陣馬山



この夏は、猛暑というより酷暑が連日続いていて、さすがに山に登る事も躊躇する 始末。結果、8月に入山した回数は1回だけ。 しかし、ようやく秋の兆しが見えて来たため、トレーニングを兼ねていつもの高尾 〜陣馬へ行ってきました。 前夜の大雨で悪路が予想される事や、天気もイマイチなのは重々承知の上で、あく までもトレーニングだと割り切って出発となりました。 さて歩き始めてみると、やはり山ではかなりの大雨だったらしく、ぬかるんだ道が 続いています。稲荷山コース最後の心臓破り「鬼の階段」をふうふう言いながら登 り、まずは最初のピーク高尾山へ到着。しかし、完全にガスで周りの景色は見えま せん。休憩もそこそこに、次なるピーク城山へ向け出発です。順調に城山へと到着 してみると、いつもの猫ちゃんが1匹しかいませんでした。持っていたパンをおす そ分けし、次なるピーク景信山へ向かいます。小仏峠からの急登を歩を休めず必死 に進み、ようやく到着。相変わらず景色は見えないままなので、一息入れただけで 明王峠に向かいます。景信山からはかなりの悪路。特に下りは転倒に気を付けなが ら慎重に下りて行きます。一気に明王峠までやってきましたが、天気の回復が遅く なっているのか、雲はなかなか取れず、丹沢方面は全く見えませんでした。あと 40分程で陣馬山ではありますが、お腹がペコペコだった為昼食用のおにぎりを1個 半食べ、エネルギーチャージ。休憩をしていたのは私一人だったため、耳を澄ます と、秋を感じさせる虫達のかすかな鳴き声と遠くでさえずる鳥の声が聞こえてきま した。心癒されるひとときです。やがて人が増えてきたので、最後の力をふり絞り 陣馬山へ向けて出発。山頂に着いてみると、やはり丹沢、富士山は見えないまま。 時間を見ると11時過ぎだった為、今から下山すれば靴やストックの泥を落とす時間 も取れて12時25分のバスに間に合うなぁ。と計算し、休まず下山することに。 そうと決めれば、一目散に下山です。今回はかなりの悪路の為、登山道を通らず、 和田峠から林道を通ってバス停へ。無事に予定通りの時間に下山完了しました。 トレーニングも兼ねてだったため、休憩らしい休憩も取らず、かけあしでの登山 でしたが、久々に山を歩くことができ、まずまずの達成感。 次は、中3日でいよいよ師匠との登山が控えています。頑張ります! 【今回の高尾山〜景信山〜陣馬山登山記録】   行動時間 5時間24分(標準タイム  6時間55分)  6:38 高尾山稲荷山コース口 7:40〜45 高尾山山頂(599.3m) 1’02(1’25) 8:25〜33 城山(670.4m) 40(60) 9:14〜22 景信山(727.3m) 41(60) 10:22〜10:35 明王峠  60(1’40) 11:07 陣馬山(855m) 32(50) 12:02 陣馬高原下バス停  55(60)


3回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.