• junpei

高尾山で山ごはん



山友を増やすべく、日々啓蒙活動している私ですが、今回は私の大切な お友達RさんとFさん二人を連れて、山ごはん会を催しました。 普段芸術的な環境でお仕事されているお二人で、どちらかと言えばやはり 文科系。 山の話をしてもなかなか一緒に行ってくれる雰囲気はありません。 でも、山をまず好きになってもらう為には自然溢れる空気を楽しみつつ ご飯を食べるのが一番! 今回は数種類のメニューを引っさげて満を持しての計画です。 そのメニューとは。 コンビーフシチュー、オムレツ、マッシュポテト、きゅうりとじゃこの梅 和え、キュウリの韓国風即席漬け、じゃことアスパラの和風パスタ! しかし。準備万端整っていたはずが、浸水パスタをギリギリにパッキング しようと思っていたのでうっかり荷物に入れる事を失念。しかも朝っぱら から南武線でトラブル発生の為、到着が遅れる事から途中で買いに行く事 もできず、結局パスタは次回持ち越しとなってしまいました。 高尾山口に着いてみると、平日なのにかなりの人出。 お二人を引き連れ、いよいよ琵琶滝コースへ。稲荷山コースよりは歩きや すく、沢伝いの道は変化に富んでいる為、初心者でも大丈夫だろうと踏ん でのコース選択です。 順調に高度を稼ぎ、最後の心臓破りの階段をクリアし、展望台へとやって きました。すかさず東屋の一画をゲット!! いよいよ調理へと入ります。さて、料理を並べてみると、Rさんが持って きてくださった沢山のバゲット、チーズ、生ハム、日向夏が更に彩りを増 し、何とも言えず豪華な食卓となりました。 キンキンに冷えたビールで乾杯し、爽やかな風の中ゆったりたっぷり時間 をかけて最高の宴でした。本当に、贅沢! お昼の時間を迎え、更に山頂が混雑してきたので、いよいよ私達も撤収し ケーブルカー駅まで降りようと思ったら、意外なことにお二人が歩いて下 山するとのお言葉! ならば、せっかくだし来た道とは違う本格的な尾根コース、稲荷山コース を使って下山することに。 いつもはここを登るだけで、下山したことは一度も無いので、見える景色 も若干変わって新鮮。 無事高尾山口に到着しました。 結果的には歩いた時間も、標準タイムより早い時間で二人共なかなか頑張 りました。 最後にビールで〆、私は翌日の登山の準備もあることからここで解散とな りました。 お二人とも、自然の中の山ごはん、堪能して頂いたようです。 次回は是非奥多摩へ!! 最高の天気の中、最高の山ごはん会でした♪ お二人ともお付き合い下さりありがとうございました!! 【今回の高尾山登山記録】 8:15 高尾山口(ケーブルカー駅) 9:30〜12:10 高尾山山頂(599.3m) 1’15(1’25) 13:15 高尾山口(ケーブルカー駅) 1’05(1’20)


(C)Junpei 2020 all rights reserved.