• junpei

ソロ野営




今週は野営に行ってきました。

いつもの秘密の野営地へ車で向かいます。

ちょうど野営地への道へ入ったところで、お昼の「野中のバラ」のチャイムが流れました。

Nちゃんと来てから、早1ヶ月。本当に時が経つのは早いものです。

いつもの道なのですが、やはり毎回脇に生えている植物などの変化が感じられます。

ちょっとじめっとしたところで、なんと野三つ葉の群生地を発見!!

今夜のパスタにトッピングしようと、3株程摘みますが、すぐに三つ葉の良い香りが漂い、もうこれだけで良い気分になりました。

沢で水を汲み、ゆっくりゆっくり坂道を登っていくと、いつもの場所に到着です。

前回ツェルトを張った場所に荷物を下ろし、まずはお昼ご飯にします。

滝の見えるポイントまで移動し、家で作ってきた豚の生姜焼きとレタスのおにぎらずを食べ、暫し寛ぎの時間。

さて、作業開始です。

まずはツェルトを設営。その後焚き火を行う場所を前回と同じ場所に設置。

次に焚き木拾い。こんもりとした焚き木の山が出来たので、レジャーシートを敷き、小説とウクレレを持ってきました。

今回は、たっぷりここで時間を過ごす為、ウクレレを持って来ました。

時折鳥の鳴き声に耳を傾けながら、存分にウクレレを弾きました。ちょっと疲れたら今度は読書。そうこうするうちに15時半くらいになったので、ちょっと早いですが焚き火をすることにしました。

前日に降った雨で木が湿っているかな。と、懸念していましたが、今回も盛大に火が育ちました♪ある程度熾が出来てきたので、いよいよ夕食作りです。

暫くお水に浸水させていた浸水パスタです。具は、ベーコン、大葉、ちりめんじゃこ、しめじ、にんにくチップス、摘んだばかりの野三つ葉。黒七味をたっぷり振って、いただきます。うーーん!!めちゃくちゃおいしい!!三つ葉の香りがたまりません。

続いて、鶏モモ肉の塩焼き。こちらもめちゃくちゃおいしく焼き上がりました。お腹も満たされたので、ビールに続いてウイスキーをちょびちょび呑みながら、焚き火を楽しみます。

不思議ですが、焚き火の時間は本当に時を忘れるというか、あっという間に時間が過ぎていきます。こんもりあった焚き木の山はいつのまにかなくなり、時間も21時を過ぎていました。十分焚き火を楽しんだので、これで今回は終了。寝ることにしました。

途中目が覚めたので、ダウンロードしてきた映画を観たりしながら再び眠りに。

朝5時、再び目が覚めたので、活動開始としました。

焚き火跡を原状回復すべくきちんと整備。あらかたの荷物を整えて、朝ごはんの準備です。

ガスを使って炊飯していきます。今回は一人分のご飯なので、小ぶりなダイソーメスティンで炊飯することにしました。ご飯が炊けたので、次はベーコンエッグとアスパラソテー。最後にお湯を沸かし、たっぷりのみょうが を入れたお味噌汁。滝を見ながらゆっくりと素晴らしい朝ごはんをいただきます。最高の気分です。

食べ終わり、後片付けをしてもまだまだ2時間くらい出発まで時間がありました。

そこで、再びウクレレと本の出番です。ちょうどいい時間になってきたので、撤収作業をし戻ることにしました。

前日摘んだ野三つ葉の群生地に立ち寄り、たくさん三つ葉を摘み、車へと戻って来ました。さて、道の駅へと出発です。

ちょうど道の駅が開店する時間だったので、ゆっくりお買い物。そして、温泉へ!

なんと完全に貸切状態でゆっくりと温泉を楽しむことができました♪一番風呂をたった一人で占領!至福の時です。

ちょうど身支度が終わった頃、次のお客様がやってきました。

そして、今回はいつもと違うルートで帰路へ。無事に帰って来ました。

来週もNちゃんと野営の予定を組んでいます。

暑くも寒くもない野営にはぴったりの季節。楽しみたいと思います。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示