• junpei

浅間嶺

更新日:1月20日



#登山#浅間嶺

今年登る最後の山は、浅間嶺。

Tさん、Nさん、Nちゃんと軽めの登山と忘年会を行うこととなりました。

初めに考えていたのは陣馬高原下にある山下屋での忘年会。

しかし、残念ながらお店がその日お休みとのことで他の山を選択することにしました。

お勧めの山は数多あれど、その後の飲み会のことを考えると、アクセスや山への所要時間が丁度良いところというのはかなり限られてきてしまうところが悩ましい。

考えあぐねて最終的に決めた山は、大好きな浅間嶺。ただし、バスでの移動は時間的にロスがある為、Nちゃんに車を出してもらうことに決めました。

当日朝、武蔵五日市駅に集合し、車で払沢の滝まで向かいます。駐車場に車を停め、まずは浅間嶺へと向かいます。ここから浅間嶺を目指すのは、初めてO嬢と山ごはん会をした時以来。集落の間を縫って時坂峠へ到着。峠の茶屋から林道を歩くと、どうしてもこの時坂峠を通ることができず、遠回りさせられることが続いていたので、登りで使ってみたところ、いつも間違ええていたポイントを発見。なるほど、ここに出るのか…と納得しつつ峠の茶屋へ。大岳山と御前山、そして三頭山がよく見えています。ここからは、じわじわと高度が上がって行きます。途中伐採地を過ぎると、そろそろ浅間嶺が見えて来ます。林の中の小径といった風情の道が続きます。ピークへ向かう途中のこの辺りは、私が特に気に入っている場所です。辺りが開けてくるとすすきの間から展望台が見えてきます。

あまりクリアではないですが、富士山もしっかり見えていました。大岳山、御前山、鷹ノ巣山、雲取山、三頭山。笹尾根の向こう側には丹沢。やはり、景色も良く、この山は良い山です。暫し景色を堪能し、一気に下山。その後払沢の滝を見て、今年の登山はこれにて終了。

その後八王子まで出て、1年の山行を振り返り、楽しい忘年会となりました。

また来年、楽しい登山ができますように。

今年山にご一緒した皆様、ありがとうございました!



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示