• junpei

松生山〜いきなりの藪漕ぎ〜





苗場山から2週間。今年はコロナのせいでなかなか山に行けない日が続いていましたが、今月は2度目の山行です。

どこへ行こうかと考えあぐねた結果、久しぶりに松生山を経由して浅間嶺に行ってみることにしました。これからの課題は、もう少し車で出かける機会を増やしたい。ということで、カーシェアリングを予約。

当日の朝余裕を持って4時半、初めて運転するSUV車で、下山口である払沢の滝駐車場まで出発です。中央道経由で無事に払沢の滝に到着。そこからバスに乗り、5分程行った笹平で下車。登山口は、ひとつも標識のない畑への道を通り過ぎたところにあります。去年3月、季節はまだ冬だった頃に来たことのあるこの登山口。なんと草が生い茂り、完全に道が無くなってる…!!

いきなりの藪漕ぎで、かなり辟易!!

このルート、やっぱり相当マイナーなのね…。自粛のせいで、ここから入る登山者も殆どいないのでしょうか。確かここら辺を登って行ったはず。と、ぐいぐい藪漕ぎして登って行くと、ようやく登山口の道標が見えてきました!

ここまででやれやれです。身支度をしようとふと足元をみると、ひっつきむしみたいな植物の種が無数にくっついてる…!!!げげーーー!!!

全てをむしりとり、ようやく出発です。

以前来たときには、取り付きの道が分かりにくく、道無き道をよじ登り尾根の突端に乗ったのですが、よく見てみると、尾根までの道筋が見えています。あれーー??前回はなんでここに気付かなかったんだろうと不思議に思いながら、尾根に乗ります。

あとは狭い尾根伝いに歩くだけなので然程難しい箇所はありませんが、記憶にあまりない地味なアップダウンがあったり、思いの外の急登で途中息を入れながら歩きます。

ふと目線を斜面の上に向けると、薄茶色のふっさふさの尻尾が見えました。え??犬??と思っていると、一瞬、その犬?がこちらを振り返ったように見えました。登山口には誰もいなかったけど、犬連れで登っている人がいたんだろうか?と訝しがりながらも登っていきます。少し平坦な場所に出ましたが、その犬らしきものも、人も、誰もいません。えーーー??さっきのは何だったんだろう…。キツネだったのかも!!

さて、そんなキツネらしき動物との遭遇もありつつも、黙々と登っていきます。2度目に登るこのルートですが、冬と夏とでは雰囲気が全く違います。かなり木々が生い茂り、笹尾根も木々の間からちょっと見える程度。やはりこういう山は冬に来るのがベストなのかもしれません。

途中地形図とコンパスを使いながら現在地を確認。払沢の峰が近づいた頃、笹尾根の向こうにうっすら雪を纏った富士山が見え始めます。歩き始めてちょうど2時間。松生山に到着です。が、しかし…。以前来たときにはもっと広々していたはずの山頂は、木々と草に覆われ、かなりジャングル状態。富士山の眺めも良い為、ここでしばらく休憩するつもりでいましたが、今回は敢えなく素通りです。やっぱり冬に来るべきだったか…。

さて、そこからしばらく進むと、伐採地です。ここからは、南北の景観が素晴らしい。北は大岳山、御前山、南は笹尾根、丹沢が臨めます。富士山はこの位置からはちょっと見切れていますが、その代わり相模湾が良く見えます。平坦で、眺めも良く、ここは野営地としてはなかなかいけているかもしれません。

そのままどんどん進み、浅間嶺へ。富士山の眺めはやはり、ここからが美しい。晴れている為、鷹ノ巣山から続く石尾根、そして雲取山もよく見えました。時間が早い為か、まだ誰もいません。ここは払沢の滝から2時間程で来られる為、かなりハイカーの多いところです。そのうち絶対に人でいっぱいになるだろうことが予想される為、早い時間に独り占めするのが一番!!

ここでおにぎりを食べ、十分堪能して下山です。するとちょうど登ってこられた老夫婦とすれ違い。丁度良いタイミングです。

その後沢伝いの道に降りてきた頃には、集団で歩いている方達ともすれ違い、人気の高さを改めて実感。峠の茶屋に到着してみると、沢の方へ降りた方に平坦なスペースを発見。今回は、野営地を探しながらの歩行なので、こうして見てみると、ここの場所はなかなか穴場かもしれません。水は峠の茶屋に湧いている水があるのでなかなか便利そう。

さて、そこから集落を抜けて下山しますが、よく見ると三つ葉が自生していました!(親子丼にたっぷり入れて食べましたが、めちゃくちゃ香りが強くて美味しかったです。)

思わず収穫しながら歩きます。さて、ここまで来れば登山も終わり。やがて払沢の滝駐車場が見えてきました。多くの車が停まっています。無事に車へ到着!一旦荷物を整え、大好きなちとせ屋さんの豆腐を購入。その後一度行ってみたかった瀬音の湯へ。

払沢の滝からは車で5分程のところにあります。

行ってみると、こちらも平日だというのに車がたくさん停まっていました。

温泉に入り、売店で野菜を購入。その後無事に自宅まで戻ってきました。

車で出かけると、こんな寄り道も可能なので、これはこれで楽しめるなぁ。と思いながら今回の山行は終了となりました。

今度はもうちょっと遠くまで車で行ってみようかな。



【今回の松生山〜浅間嶺登山記録】   

                       行動時間 4時間 36分 (4時間45分)                       ■山行タイム  4時間16分

7:00 笹平バス停

9:00〜9:10 松生山(933.7m) 2'00(2'10)

9:42〜9:52 浅間嶺(903m)

11:36 払沢の滝入口 1’28(2’03)

10回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.