• junpei

ロックガーデン散策

最終更新: 2月11日



日々なんやかんやと忙しくしている中、すっかり忘れていた山 行予定がありました。 それは、Iさんと、YIさん、そしてAちゃんとのロックガーデン 散策です。 Iさんは、私が昔よく通っていた国立T菜のマスターでしたが、 皆に惜しまれながら最近お店を閉めました。閉店する前にと、 YIさんを連れてお店に行った時に、偶然お店を手伝いに来てい たAちゃんと、久々に遭遇!このAちゃんは、当時私がお店に 通っている時にバイトしていた女の子で、M大で彫刻を学んで いました。 そんな偶然の再会がきっかけで、お店がなくなっても、みんな で飲もう!という話になり、その後その飲み会では、みんなで 山に行こう!という話が持ち上がり、この会が催されることに なったのです。 しかし、前日まですっかりその予定を忘れていた私は、YIさん からのメッセージで焦りまくりました!!危なくすっぽかすと ころでした…!! ということで、慌てて山行計画を立て、みんなに送信。梅雨の 最中、天気はイマイチでしたが、なかなか予定もずらせないの で、とりあえず決行することにしました。 翌朝早朝、青梅線の中で落ち合い、御嶽駅へと向かいます。 山仕様に一番近い服装でやってきたのが、YIさん。あとはみん なタウン仕様ないでたちで、若干不安がよぎりますが、雷雨に ならなければなんとかなるかな?というところ。 濃い霧が立ち込める中、ケーブルカー駅から続くアスファルト の急登を黙々と登り、まずは御岳山へ。 ここで今回のハイキングの無事を祈願し、いよいよ七代の滝目 指してどんどん下降して行きます。 ここ連日の雨で沢は増水し、七代の滝も水量がかなり多いよう でした。そこから鉄階段を登り詰めると、ロックガーデンの入 口です。やはり春から初夏のこの時期、苔が特に美しく、沢伝 いに続く道を歩いていると心が浄化されて行くようです。 しかし、その美しさとは裏腹に、沢はいつもの様子と明らかに 異なる状況でした。 増水のせいで足場の石が完全に水に隠れているような箇所がそ こここに出現。また、沢をこれでもかという程徒渉ポイントが 続いており、こんなにポイントがあったのかと、改めて驚きで す。濡れた石や岩に足を取られ滑らないよう、細心の注意を払 い先へと進みます。 初心者にはちょっと難易度が高かったかもしれませんが、若い Aちゃんはそれこそすぐに滑ってしまいそうなスニーカーで ちゃっちゃとついてきていたし、IさんYIさんも全く問題なし! 数m進んでは、IさんYIさんを待ちつつ暫く進むと、ロックガー デン最後の滝、綾広の滝が見えてきました。 こちらも、相当水量が増えていて、いつもより俄然迫力があり ました。 この滝を過ぎると、道は平坦になりましたが、ついに雨が降り 出しました。みんなカッパを着込み、やがてIさんは服も乱れ、 その光景をAちゃんと二人、振り返って観察しつつ大笑いして いました。 晴れていれば、長尾平展望台でお昼ご飯にしたところでしたが 雨の為、途中茶屋の軒先をお借りしてコーヒーを沸かし、休憩 となりました。 御嶽駅に下山したあとは、立川で祝杯をあげ、初心者3名を連れ たロックガーデン散策は無事終了!! さて、みんなまた山に行ってくれるかな…?? 次は高水三山なんてどうでしょう。 ね、みんな! 【今回の御岳山ハイキング記録】2019.7.9   行動時間 3時間 15分(標準タイム  3時間15分)  8:35 御岳山駅 8:55〜9:00 御岳山 20 9:30 七代の滝 30 【50】(60) 9:42〜9:50 天狗岩 12 10:30 綾広ノ滝 40【52】(60)   11:00〜30 長尾平 30(40) 11:50 御岳山駅 20(40)


0回の閲覧

(C)Junpei 2020 all rights reserved.