• junpei

乗鞍岳

更新日:9月16日




毎年恒例師匠との夏合宿がいよいよやってきました!

今年は登山だけでなく、会社の先輩であるIさんが携わる木曽馬の里にも足を伸ばそうというイベント盛りだくさんの山旅です。

仕事を終え、新幹線に飛び乗りいざ軽井沢へ。Nちゃんにピックアップしてもらい、師匠の別荘に着いたのが20時頃でした。

それからまずは前夜祭。積もる話もありながら、翌朝3時半には起きなければいけないので22時頃に就寝となりました。

まだ真っ暗な4時。乗鞍高原観光センターまでおよそ3時間のドライブです。予定より1時間早い7時のバスに間に合うか微妙な時間でしたが、最後師匠がスピードをアップさせながら無事に滑り込みセーフ!!この1時間はかなり心に余裕が持てるので、乗ることができて本当にラッキーでした。

シャトルバスは平日でもほぼ満席。50分かけて終点畳平へ到着です。ここの標高はなんと2,702m!日本一標高の高いバス停ということですが、このバスのおかげで標高3,000mを超す乗鞍岳にお手軽に登ることが出来るのは本当にありがたいこと。

準備を整え、ゆっくり山頂を目指します。肩の小屋までは整備された砂利道で、ハイキング感覚でゆるゆると歩くことができます。肩の小屋を過ぎると、ゴツゴツした岩やざれた登山道となり、いよいよ登山という雰囲気。残念ながら周囲はかなり濃いガスに包まれていて、眺望はゼロ。

「先に行ってていいよ。」との師匠のお言葉もあり、Nちゃんと二人で山頂を目指します。急登をやりすごし、小高いピークが見えてきたので、あれ?山頂??と思いきや、まだまだそこは途中だった模様。休憩していたおじさんたちに、「山頂はまだ先だよ」と促され、先を見てみると、霧の中に伸びる道が見えました。

頂上小屋の売店を横目に最後の急登を登り詰めると社が現れ、乗鞍岳山頂(3,025.7m)へと到着しました。





多くの人が狭い山頂で休憩していた為、裏側で師匠を待つことにし、早目のお昼ご飯を食べました。しかし、ご飯を食べ終わっても師匠はなかなかやって来ません。そろそろ私たちも心配になり、まさか山頂にやってこないのでは?と話していたところ、予期せぬ方向からひょっこり師匠が現れました。どうやら頂上小屋から登る道が他にもあったようです。

さて、無事に合流できた為、休憩しつつガスの晴れるのを待ってみました。晴れていれば、槍、穂高、鷲羽岳等素晴らしい眺望があるようで、是非とも思い出の鷲羽岳の姿を見たかったのですが、その願いもむなしく下山することになりました。

肩の小屋で最後の休憩をし、13時のバスに無事乗車完了です。






続いてIさんが紹介してくださった開田高原の望嶽荘へ。古い古民家の趣あるお宿で、調度品もとてもおしゃれ✨すっかり寛いでいたところ、Iさんご夫婦が到着。楽しい宴へと突入しました。

木曽馬の繁殖のお話を始め、興味深いお話を沢山伺いながら、立派な松茸を使った数々の美味しいお料理やお酒を頂き、ほんとうに楽しいひとときでした。

翌朝、これまた豪華な朝食を頂き、宿から数分のところにあるIさんのお宅を訪ねました。

おうちのとなりに放牧されたヤギちゃん(ウメちゃんと、タケちゃん)2頭と、甲斐犬コマちゃん(甲斐駒ヶ岳から名前を付けたそうです)がお出迎え。

顔の部分が白く少し耳が垂れているウメちゃんは怖がりのようで、なかなか触らせてくれませんでしたが、タケちゃんはものすごくフレンドリー!!遊んで遊んで!!とぐいぐい突進してきてくれました♪暫しムツゴロウさんよろしくヤギちゃんと思いっきり楽しく触れ合った後、広い放牧地でひとり駆け回っているコマちゃんのところへ。しかし、甲斐犬は警戒心が強いそうで、なかなか近寄って来てはくれませんでした。それでも広い場所で駆け回るコマちゃんの楽しそうな姿を見るだけで、なんだか幸せな気持ちになりました。





素敵なIさんのおうちにお邪魔させて頂き、Iさんの自然あふれる木曽での暮らしぶりを伺って、田舎暮らしを夢見る私にとっては、更に憧れの思いが強くなる一方。私もいつかこんなところで生きてみたい!と切に思いました。

その後Iさんが、御嶽ロープウェイまで連れて行ってくださることに。3年前に御嶽山に登った時と同じ黒沢口です。昨日登った乗鞍岳もばっちり見えていました。ロープウェイ乗り場から一ノ又行場山荘まで少し散策し、お昼を食べて帰って来ました。素敵なIさんご夫婦、そしてコマちゃんたちとお別れし、一路師匠邸へひた走り、最後の宴開始です。

楽しい宴はなんと2時まで続き、今回の夏合宿は無事に終了となりました。

いつも素敵な別荘を開放してくださる師匠、そしてNちゃん、今回も本当にお世話になり、ありがとうございました!!

また山旅&お酒をご一緒させてください♪


【今回の乗鞍岳登山記録】  


 行動時間 4時間24分(標準タイム 2時間40分)

 ■山行タイム 3時間30分


8:20 畳平

 9:00 肩の小屋 40(30)

 10:04~10:47 乗鞍岳山頂 1’04(50)

 11:50~12:00 肩の小屋 1’03(40)

 12:44 44(35)



∴ 百名山記録 44/100   【丹沢山 奥白根山 筑波山 草津白根山 四阿山 浅間山   金峰山 瑞牆山 火打山 妙高山 大菩薩嶺 鳳凰三山  谷川岳  蓼科山  雲取山 八ヶ岳 常念岳 仙丈ヶ岳  甲斐駒ケ岳 赤城山 男体山 岩木山 富士山 美ヶ原 北岳 両神山 鳥海山 霧ヶ峰 那須岳 至仏山 安達太良山 木曽駒ケ岳 御嶽山 会津駒ケ岳 燧ケ岳 五竜岳 苗場山 平ヶ岳 間ノ岳 鷲羽岳 磐梯山 西吾妻山 薬師岳 乗鞍岳】


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示